blog

ブログ

オンライン資格確認システムでの薬剤情報の閲覧

オンライン資格確認システムでの薬剤情報の閲覧

マイナンバーカードを使ったオンライン資格確認が2021年3月から開始されます。計画では今後様々な情報が共有できるようになります。そのひとつが患者さんの薬剤情報の閲覧です。

 

患者さんが薬剤情報を医療機関同士で共有することに同意すると、その同意したことがマイナンバーカード(資格確認サーバー)にて確認できます。薬剤情報の共有に同意した患者さんの情報は、薬剤師や医師などの有資格者が閲覧できるようになります。共有される情報は過去3年分の薬剤情報です。

重複投薬等の発見

薬剤情報の閲覧が出来ると、患者さんの服薬状況が一元的に管理・把握することが出来ます。他の医療機関にかかり、他の薬局で処方されている薬が見つかれば、重複投薬を医師などに提案できます。
これにより重複投薬を解消し、患者さんの安全、健康や経済的な無駄の解消につなげられます。

災害時の特別閲覧

平常時は薬剤情報の閲覧は、本人が同意した場合のみに限られます。しかし、災害時には特別措置として、マイナンバーカードによる本人確認が出来なくても薬剤情報の閲覧が出来ます。
災害が発生したときに、厚生労働省保険局が災害の規模等に応じて、薬局の範囲及び期間を決め、その指定された範囲の薬局ではマイナンバーカードによる本人確認をしなくても、資格確認端末で薬剤情報の閲覧ができるようになります。これにより、災害でマイナンバーカードを紛失したりしても薬剤情報を閲覧し、処方や指導が可能になります。

災害時の特別閲覧

ITを活用することで情報共有し、患者さんの安全性、利便性を向上していくことを国は目指しており、今後更に共有、閲覧できる情報が増えるなどのサービス拡充が計画されています。
最初はセキュリティなどの不安を感じる人も多いかもしれませんが、便利さがそれを上回り、数年後には当たり前のサービスとなると予想されます。補助金が手厚い今のうちにオンライン資格確認システムの導入をお勧めします。オンライン資格確認導入支援サービスを株式会社ジーネックスでは行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

合わせて読まれています

SERVICE

サービス一覧

CONTACT

お気軽に
お問い合わせください!

0572-20-1205

受付時間 9:00-18:00(土・日・祝 定休)

資料ダウンロード
資料ダウンロード お問い合わせ